スポンサーリンク

あなたの頭痛が治らない理由

健康
スポンサーリンク

こんにちはタナカです。

今回は頭痛のお話しです。

あなたは頭痛に悩んだ事はありますか?

薬を飲んでもなかなか治らず、マッサージに通ったり、ゆっくりお風呂に入ったり。

一時的にはマシになったような気がするけど、しばらくするとまた痛み出す、、、

これらの症状は頭痛の事を知らないから起きている可能性があります。

あなたの頭痛がなぜ治らないかを考えていきます。

スポンサーリンク

そもそも頭痛の原因はどのようなものがあるのでしょうか?

頭痛は大きく分けて「片頭痛」「緊張性頭痛」「原因不明な頭痛」に分けることができます。

「片頭痛」

ストレス等で急に血管が収縮・拡張することによって生じるものが片頭痛とよばれます。

特に脳の血管が急激に拡張する時に痛みを伴うことが多く、頭の片側で生じることもあります。

「緊張性頭痛」

頭や首の筋肉、肩の筋肉が緊張することによって、脳への血流が悪くなり生じる頭痛を緊張性頭痛とよびます。

いわゆる肩こりや首の筋肉が張ることによって起こりやすくなるという特徴があります。

「片頭痛」と「緊張性頭痛」を併せ持つ場合もあります。

こめかみや目のあたりがズキズキと心臓の鼓動のように痛む場合は、何らかの血流障害を生じている可能性があります。

また、緊張性頭痛ではデスクワークなどで同一姿勢を長時間続けた場合やパソコンの仕事を長時間続けた場合などで後頭部から首筋をしめつけられるように痛む場合があります。

スポンサーリンク

薬は意味がない?

頭痛が生じた場合にどうしますか?

まずは痛み止めを飲んで、、、

と考える方は多いかもしれません。

ちょっと待ってください。

痛み止めを飲むことで頭痛の解決になるのでしょうか?

実際痛みも止まったし。解決したんじゃないか?

と考えられる方もいるかもしれません。

しかし、それはあくまで痛みを薬で一時的に抑えただけの対処療法にしか過ぎません。

薬が切れたらまた痛み出す可能性があります。

そのため頭痛を引き起こす原因をしっかり考えて、根本的な解決を目指しましょう。

スポンサーリンク

根本的な解決とは?

では、根本的な解決とは何かを考えていきましょう。

根本的な解決を目指すうえで、考えなければならないのが血流です。

特に首や頭の血流を阻害する要因を取り除けば、頭痛が軽減する可能性があります。

マッサージを受けることで、頭痛が軽減する方は特に「緊張性頭痛」の可能性が高く、痛みを軽減できる可能性があります。

首や頭の筋肉の緊張を和らげるためにはどうしたらいいでしょうか。

まずは自身の体を知ることから始めましょう。

鏡で自分の姿勢(立った姿勢、座った姿勢)を見てみましょう。

特に肩と頭の位置に注目してみましょう。

人間必ず左右非対称になっているものです。

首が左右どちらに傾いていますか?肩と頭の位置(耳の位置を基準にすると分かりやすいです)は頭が前に出ていませんか?

知らず知らずのうちにクセがついていてそれが姿勢に表れます。

頭が肩より前に出る、いわゆる猫背になると首の後ろの筋肉が常に引っ張られた状態になるため筋肉が張りやすく血流が悪くなります。

また、首が左右どちらかに傾くと反対側の筋肉は引っ張られた状態になるため同じように血流が悪くなりやすいです。

長時間の同一姿勢も同様で、同じ姿勢を続けていると筋肉が硬くなりやすいため血流が悪くなります。

これが頭痛に繋がる事もしばしばあります。

そのため根本的な解決を目指すために、まずは姿勢を整える事を考えましょう。

とは言っても、姿勢を整えるとはどうしたらいいか分からない方も多いかと思います。

まずは、普段何気なく行っている姿勢を、気づいたときに正すクセをつけましょう。

左右対称、肩と頭の位置を意識するだけでも上半身の姿勢が正されている感覚が得られるかと思います。

長時間いい姿勢をキープするのが難しいという方も、少しずつ習慣化することでいい姿勢につながることになります。

良くも悪くもクセはついていくものです。

また、ストレスにも注意が必要です。

ストレスがあるだけで交感神経が優位になるため、筋肉の緊張が高くなりやすい傾向にあります。

普段の生活からストレスを取り除くように気をつけましょう。

とは言えストレスのない人はいません。

ストレスを完全になくすことは難しいため、ストレスが生じた時には自分なりのストレス解消法をみつけるようにしていきましょう。

頭痛、ストレス解消法に効果的なのが運動です。

軽い運動はストレス解消になるのとともに筋肉の緊張を和らげる効果があります。

首や肩の運動をする際に意識するポイントとしては”肩甲骨”を意識することが大切です。

肩甲骨は首や肩周りの筋肉についているため肩甲骨を動かすことで血流の改善が図りやすくなります。

運動をする時には肩甲骨を意識する運動を取り入れてみましょう。

まずは軽い散歩で、腕を振りながら肩甲骨を動かすことから始めてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は頭痛の原因や対策、対処法を考えてきました。

緊張性頭痛は普段の生活で、よくも悪くもなる可能性があります。

そのため、普段の生活から自分の体と向き合っていく習慣をつけるようにしていきましょう。

また、頭痛になる要因はさまざまで、病気の原因になる可能性もあります。

普段の生活を見直して、それでも頭痛が続くようであれば病院を受診するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました